スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後援・協力・協賛

☆ 後  援 ☆
駐日キューバ大使館、外務省、北海道、札幌市、(財)札幌国際プラザ、
北海道新聞社、朝日新聞北海道支社、毎日新聞北海道支社、読売新聞北海道支社、
北海道テレビ(HTB)、UHB北海道文化放送、AIR-G'エフエム北海道、FMノースウェーブ

☆ 協  力 ☆
札幌国際短編映画祭(SAPPORO SHORT FEST)
日本映像翻訳アカデミー
ラテンビート映画祭

☆ 協 賛 ☆
エルマンゴ
キューバン サルサ サークル
これからや
札幌映画サークル
さっぽろ自由学校「遊」
札幌地域労組
HABANA
ブーガルー
BETTY
ペルノ・リカール・ジャパン株式会社
北海道AALA
北海道民医連
みどり内科クリニック
MINI BEG
ルーム

※企業・団体のみ掲載しています(敬称略/2011.8.31現在)

協賛募集中です。CUBA THE MOVIES 2011の開催をご支援ください。


CUBA THE MOVIES 2011
札幌発 キューバの日 映画上映会
ご協賛のお願い


 私たち「キューバ映画祭inサッポロ実行委員会」では、2011年9月8日(木)に、キューバ映画の上映会「CUBA THE MOVIES 2011」を開催いたします。2009年1月に開催した札幌初の「キューバ映画祭」以来、4回目のキューバ映画上映イベントです。

 今回は「キューバ音楽の歴史」を辿ったドキュメンタリー2本と、「キューバ・ショートフィルムセレクション」を上映いたします。キューバも最も素晴らしい文化の一つである音楽と、現在のキューバ人作家らの斬新でユーモアあふれる映像を伝えることで、札幌市民がキューバを知り、その魅力を存分に味わう機会にしたいと考えています。

 しかしながら、「CUBA THE MOVIES 2011」の開催には、日本語字幕の製作や上映料など多額の費用がかかる見込みです。ボランティアによって構成される当実行委員会には十分な資金がなく、公的な資金援助などもありません。

 つきましては、「CUBA THE MOVIES 2011」の開催をご支援くださる方を募っております。ぜひ趣旨をご理解いただき、ご協賛についてご検討くださいますようよろしくお願い申し上げます。

■協  賛  1口 2,000円
1口につき映画鑑賞券1枚を進呈いたします。

■特別協賛  1口 4,000円
1口につき映画観賞券1枚と、ゲバラコイン1枚を進呈いたします。(限定30口)

■協賛広告  1口5,000円
当日会場で配布するパンフレットに広告を掲載いたします(たて4cm×よこ6cm)。
1口につき映画観賞券1枚を進呈いたします。
 
<お問合せ>
キューバ映画祭inサッポロ実行委員会 実行委員長:平野 研
札幌市中央区南1条西5丁目愛生舘ビル2F NPO法人さっぽろ自由学校「遊」気付
Tel.090-2054-0747/Fax.011-252-6751/E-mail cubafilmfes@hotmail.co.jp

<振込口座>
1)郵便振替口座/02790-6-79388/キューバ映画祭inサッポロ実行委員会
2)北洋銀行/本店営業部/普通預金/5303512/キューバ映画祭inサッポロ実行委員会

プレイベント at HABANA

☆プレイベント at HABANA ☆ 映像・音楽・お話

キューバのことを知れば知るほど、映画がより楽しくなります。プレイベントで、キューバにたくさん触れましょう。

8月9日(火)19:30~「映画から観るキューバ」

8月23日(火)19:30~「マルチニックのカジワラ少年?」

8月30日(火)19:30~「音楽から観るキューバ」


キューバ・ジャズへの眼差し

Manteca, mondongo y bacalao con pan
(Una mirada al jazz cubano)

 監督:パベル・ジロー/ドキュメンタリー/52分

1898年キューバがスペインからの独立を果たした米西戦争。米軍兵士とともにジャズがやって来た。米国との複雑な歴史の中で、キューバン・ジャズは独自の発展を遂げてきた。革命での断絶を乗り越え、プレーヤーたちの飽くなき探究心と交流は、まさに「キューバ人にとって音楽とは生きるということ」の証である。貴重な音楽シーンやジャズ界の巨匠、チューチョ・バルデスらのインタビューを交えて、キューバン・ジャズの真髄を描く。

プレイベント(1)映画から観るキューバ

8月9日(火)19:30~
映画から観るキューバ


【お 話】 平野研(北海学園大学准教授・ラテンアメリカ経済研究)
【場 所】 HABANA(狸小路6丁目)
【カンパ】 500円

ブエナビスタソシアルクラブのインタビューの背景にあるキューバの風景。実はキューバならではの事情が含まれていたりします。映画の中の風景や事情をちょっと視点を変えて観てみます。キューバ映画を1.5倍くらい楽しめるかな?(平野研)

フィーリン(気持ち)を込めて:昔と今のメイン・シンガー

Decir con feeling
(Historia del feeling cubano. Sus principales figuras de ayer y hoy)


監督:レベカ・チャベス/ドキュメンタリー/52分

フィーリン、ギターを爪弾きながら心の奥の言葉をつむぎだすキューバ音楽のもうひとつの顔。1940年代末にアメリカの影響から誕生した、この新しいジャンルの音楽は若者の心を捉えた。平易な歌詞に想いを込めるその音楽は、「反革命的」というレッテルを貼られた時期もあったが、その想いは熱く歌い継がれてきた。初期の名シンガーや現代の実力派シンガーたちのフィーリンは、心に沁み入るキューバ音楽の新たな魅力にあふれている。


プロフィール

キューバの日


キューバ映画祭inサッポロ実行委員会が主催する「CUBA THE MOVIES 2011」=キューバの日2011のページです。

実行委員会について
    スタッフブログ
      管理画面
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。